マンションの共同購入

私の兄は友人と一緒にルームシェアをしている。いい年なので、そろそろ資産の購入を検討していると先日相談があった。

マンションの金額は6000万、30代後半に差し掛かったばかりの私の兄が一馬力で返すには、少ししんどい金額だと思う。

さてその兄、支払いの算段等を聞いていたら、なんとルームシェアしている友人と購入する予定だとのたまった。兄よそれでよいのか、母が余計な心配をするぞ。だから番人くんなのですね。

そんな与太話はさておき、真面目に友人同士の資産購入には疑問とリスクを感じてしまう。

なぜなら、兄にしろ、友人にしろその家を出て行くことになったとき、ローンの支払いを継続するかどうか等で揉めごとが発生する可能性がある。

兄はまだ詳細を知らないようだが、仮に二人ともマンションがいらなくなったから売るとしよう、そもそもローンを払い終わってないと家が売れない等の条件が発生する場合もあるし、そもそもずっと売れない場合もある。

賃貸に出すのもいいだろうが、借り手が付かない場合もある。賃貸にしろ、売却にしろ資産分配をどうするかなど検討する必要もある。

こちらが管理人になるか、資産の持分をずっと1/2にするのか、夫婦の二人であればなんら問題ないことでも、他人の二人が一緒になることで面倒毎が増える可能性もある。

どう考えてもリスクの方が多いのだ。資産を半分ずつにして友人同士で持つことと、賃貸のルームシェアをすることではわけが違うと思う。

これで問題を起こしにくい方法といえば、例えばどちらかが購入して、片方が家賃を払い続ける方法だ。

しかし、この方法は片方はずっと賃貸になり続けて、資産とならないので、私だったら絶対やりたくない方法である。

母からはなんとしてもこの共同購入を阻止するように訴えられた。私からも兄に友人同士の共同購入は避けることを訴えたいと思う。