子どもの新しい学校生活について

夏休みが終わり、いよいよ娘の新しい学校生活が始まった。1学年1クラス20名余りの小さなコミュニティの中で、果たして娘は受け入れてもらえるのだろうか…。

ただでさえめったに転校生など来ないし、みな幼稚園の時から一緒で半ば兄弟のようなもの。

しかも1年の2学期という明らかに訳ありの転校生にみんな心を開いてくれるだろうか…。運転資金

新学期当日学校まで車で送り、担任の先生にあいさつを済ませ、娘に声をかけ帰ることにした。

かなり緊張した面持ちだが、以外にもひるむ様子はない。担任の先生のさりげない気遣いが今日も温かい。

自分の母校に同じ制服を着て娘が通うことになるなんて、春には思いもしなかった。ふとそんな事を考えていたら、もう教室へ向かっていた。

その娘の背中には、現実を受け止める強さがあった。

学校が終わる頃、車で迎えに行った。新しい環境はどうだったかと緊張でハンドルがぶれる。

待ち合わせの駐車場に娘はお友達とやってきた。明るい笑顔…。私を見つけてお友達を紹介してくれた。素朴でかわいい利発なその女の子は、学級委員長らしい。

「ばいばい、また明日ね。」とお互い明るく手を振る様子は、まるでずっと友達だったような感じさえ思える。

車の中で娘は機関銃のごとくしゃべりだした。

あまりにも生徒数が少なくてびっくりしたこと、娘の祖父がここの小中学校でパソコンのボランティアをしているためみんながおじいちゃんのことを知っていたこと、何よりみんなやさしかったこと、だからあっという間にクラスに馴染めたことなど…。

こんな明るい娘は離婚後はじめてだなと思って心が熱くなった。

大変なのはこれからかもしれないけれど、新しい出会いに感謝をしたい。

明日からもずっと娘が笑っていられますように…。強く強くそう願った。

シングルマザーの保育園探しの大変さ

知り合いに最近保育園に通わせようとしているシングルマザーの人がいるのですが、最近言われているように保育園が中々入りにくくこちらも大変だと聞きます。

私も少し調べてみたのですが、良い保育園は人気があるのかすぐに埋まってしまい、仕事をわざわざ休んで並んだりしなければならなくて辛そうです。

でも保育園に通わせないと家の中にずっと置いておくというのも無理ですし、親類や知り合いも遠くに住んでいて何より仕事で忙しい。

面倒を見れる人が近くにいないのは更に厳しい状況です。

そうして調べて行って、最後に少し遠くにあった保育園が空いていたのでそこに仕方ないので入れる事にしたそうです。
仕事帰りが少し遠回りになってしまうが仕方ない。と苦笑してましたが、一応見つかってこちらもホッとしました。

保育園の問題は幼児を持つ親からしたら本当に切羽詰まった問題である事を知り合いである私も痛感しました。

こんな事案は都心部だけなのでしょうが、それでも都心に出ないと仕事やいろんな面で不便に感じるので仕方ない事と思います。

地方や郊外を住みやすくするか都心を住みやすくするか。の話なのでしょう。

私はまだその辺り他人事と思っていましたが、こうして知り合いにシングルマザーの人や子供を持つ親がいると他人事でも無いなと感じます。

シングルマザーの人は特に1人で育てて行かないといけないので、何かあれば出来る事なら支えてやりたいです。

子供はどんどん成長していきますし、その過程で色んな問題が起こると思いますけど、1人で抱え込まずに親戚や友達、他にも色んな人に相談出来るならどんどんして見ると良いです。

するとこうしてすぐ保育園も見つかりますし、解決する方法は沢山あるはずです。

もっと親御さんを支えるシステムや、人々の繋がりが必要と思いますね。過払い金

やっと小学校が始まったら。

今度は一気に色々な行事やら、細かいものの準備やらで忙しくなる。鉛筆は2Bの三角鉛筆でと言われていたのが、書写が始まるので4B以上の鉛筆でって、筆圧弱いのは分かるけどさ、普通の文房具コーナー程度じゃ4Bとか6Bなんてあんまり売ってないんだよ。

先生によって何だろうけど、もっと早めに言っておいて欲しい。

まだ、子供は購買部で買い物だって知らないんだからさ。

それに、給食当用にマスク三枚ってなんで三枚もいるの?給食当番なら、風邪とか花粉と違うんだから、ガーゼのマスクで洗いながら使えるじゃない。

んー意味が分からない。当番も一ヶ月交代って長くない?せめて二週間じゃないの?なんて、手紙を見つつ考えてしまった。

学校が違えば教え方も違うから仕方ないんだろうな。私なんて疑問点ばかりだよ。えっそうなの?ってことばっかり。

次男の幼稚園は、年中さんから、先生そのまま持ち上がりで来るのかと思ったら、また変わってしまった。

3年連続担任が変わるって何だか可愛そうだなぁなんて。しかも、新しい先生。

年長さんとはいえ、心配になる。進級してから、クラスの話を聞いてはけど、まだ大丈夫なのかな?シェアハウス費用

楽しく行ってくれればそれでいいんだけど、やっぱり変化にあせるのは親だけなのかな?

朝送っていくと小さい子の手を引いていく辺りは、お兄さんなんだなと思うけど、何故か長男よりも心配なんです。

本人はとてもしっかりしているんだけどね。長男がさらにしっかりしていた分、「本当に大丈夫かな?」と思ってしまうんだよね。

それに、これからお弁当は袋じゃなくてハンカチに包む様になる。

ちゃんと出来るかな?今からそんな事ばかりが不安になっています。負けず嫌いなんで大丈夫だろうけど。

電話悩み相談は深夜になるほど鳴りっぱなし

私はフリーランスのカウンセラーです。

毎日毎日人の悩みに耳を傾けて、一生懸命心寄り添いながらできるだけ解決に導いていきます。
それに伴って私はと言うと正直ストレスを増やしているだけ。
やり甲斐も勿論ありますが、終わった時の疲労は並大抵ではありません。
楽しい話など一割ぐらいですから。

でもこの世の中には悩む人間の多さに驚きを隠せないとともに、常に考えさせられます。
人間関係、家族の問題、自殺志願、うつ病、恋愛、夫婦問題、母子家庭問題などキリがないほどの問題があります。
身体が一つではなかったら、きっともっと業務を拡大しています。

それだけこの世の人たちは様々な問題を抱えて生きています。
できれば飛んで行ってあげたくなる事もあります。
それは自己満足なのかと思う時もあります。

でもこの世の中には悲鳴を上げている人が数多くいる事をどれだけの人が理解しているのか定かではありません。
自分が良ければそれでいい社会現象なのでしょう。

でも現実問題、一人でできる事には限界があります。
夜が更けるにつれコールも増えて、悩みの問題も深刻化してきます。
それだけ夜の時間は悩める人にとったら長いと言う事です。

悩みは何であれ、夜になると悩み眠れず不眠症になってしまっている。
私と話した時だけ安眠につける。
それが不憫でなりません。

周りに言えない事情もあるけれど、周りはやはり他人事。
自分の身を削ってまで助けてくれません。
そんな冷たい世の中です。フロアコーティング

昨日テレビで高齢者貧乏と言うのをやっていましたが、私のところに電話してくるのは、シングルマザーによる極貧生活を余儀なくされている人も少なくありません。

子供一人でも大変なのに、二人三人と子供を抱えている人が多いです。

母親が頑張っている中、別れたとは言え元夫のほとんどは音信不通か頼んでも見ぬふりをします。

そんな母親を見て子供は必死に我慢するのです。

今日もやりきれない一日が終わりました。

明日はいよいよ子供の入学式

明日はいよいよ下の子供の入学式です。やっと小学生になります。今まで、いろいろ準備が大変でした。
入学準備は、お金がかかりました。学校で使うものもたくさんそろえなければなりませんでした。服のサイズも大きくなりました。

どうしようか悩んでいた時に、実家の両親がランドセルと机をプレゼントしてくれました。兄嫁は、かわいい柄の文房具をたくさん用意してくれました。

友達は、おさがりで入学式に着れるようにとスーツや、洋服や体操服など、色々回してくれました。とてもうれしかったです。スーツは2回しか着ていないようで、新品のようにきれいな状態でした。解体見積もり

たくさんの方に支えられて、入学式を迎えることができます。感謝の気持ちでいっぱいです。

子供の成長にもびっくりさせられます。おしゃべりが遅かったのは、私のせいだと悩んだときもありました。3歳健診できつく注意され、とても悲しかったです。

しかし、今では1日中しゃべっているような感じです。休みの日には、私の後をついてきて、いろんなことを教えてくれます。まるで動物博士のようです。

入学式には、両親揃って出席の家が多く、周りの目がちょっと気になります。しかし、シングルマザーの方もたくさん知っているので心強いです。

今は、興奮してなかなか眠れません。明日は、1日笑顔で過ごしたいと思っています。小学生になり、たくさんお友達ができて、いろいろ勉強して成長するのだと思うと、毎日がとても楽しみです。

結婚歴なしのシングルマザーの未来

私の友人に結婚歴なしのシングルマザーがいます。彼女は高校を卒業後就職をし成人式を迎えたその年に妊娠、出産しました。

相手の方とは別れた後に妊娠に気づいた彼女は一人で出産することを決めたのです。周囲に反対されても、赤ちゃんのエコー写真を見ると、とても嬉かったと話していました。お腹が大きくなるにつれて彼女の親も赤ちゃんが産まれてくるのを楽しみに待ち、彼女を支えてくれるようになり、予定日を何日か過ぎ陣痛に耐え無事出産しました。可愛い元気な女の子でした。

子どもが産まれてからは、自分の時間もなく全てを子どもに注ぎ、親にもあまり頼らず子どものお世話を全て一人でしたようです。その時に会った彼女は子どもを産む前の彼女とは全く違いメイクもせず飾らない彼女でした。

でもとても優しく、やわらかい雰囲気でとても魅力的だったのをよく覚えています。子どもが大きくなり幼稚園に行くようになってから彼女は働きだしました。彼女はその時期が一番しんどく、大変だったと言いました。仕事も精神的に参るようなことが沢山あったと言います。それでも辞めずに、頑張れたのは子どもの為に仕事をしなくてはいけないという気持ちが強かったからだと思います。

そして、その職場でとても優しくいつも味方をしてくれた方とお付き合いをするようになりました。子どももとてもなついていて、幸せそうです。彼女が一人で子どもを産んだことはもしかしたら、間違った選択だったかもしれません。でも大変だった時期も子どもと二人で乗り越え今とても幸せそうな彼女と子どもを見て、間違った選択じゃなかったよと彼女に言いたいと思います。

Uちゃんにパパはいるの?

保育園に入って、Uちゃんのお話が急に上手になってきた。

日々、色々な事を言えるようになったり、理解できるようになってきてとても嬉しいと喜んでいたら、とうとうあの一言を私に言ってきた。「Uちゃんのパパは、どこにいるの?○○ちゃん(保育園のお友達)は、パパがお迎えにきたんだよ。Uちゃんもパパにお迎えに来てほしいの。」と。

生まれて1年と少し、何度かパパには会っているけどその時はまだパパとか分らない月齢、今もパパと言うものを分かっておらず、会った記憶もほとんどなく、会ってもどこかのおじさんと思って大泣きする状態。

こんな状態でパパに会って、「パパだよ。」と教えても大丈夫なのかな、おじいちゃん達の前でパパの話をするようになったら気まずいな~、Uちゃんをパパに会わせて「パパだよ。」と言うべきか迷った。

今は未婚で子育てをしているけど、今後は結婚してパパも一緒に暮らすつもりだから今の内に教えておいた方がいいのかも?とも思った。

だけど相変わらず優柔不断で一人で悩む。もしかしたら保育園の先生に相談したら少しは何かいい案がでるかも?と思い、保育園の帰りに担任の先生に軽く相談をしてみた。

先生は、神経質になるのが一番良くないことだから、流れに任せてみては?との回答。一番難しい回答な気がした。

Uちゃんにパパに会いたいか思いきって聞いてみると、「Uちゃんにもパパいるの?会いたいな~。やった!」と嬉しそうに答えてくれた。栃木県離婚相談

きっと今まで、自分にはパパはいないものと小さいながら感じていたのかと思うととても申し訳なく思った。

パパにその一連の出来事を話し、仕事の合間に時間を作ってもらって会う事にした。いきなり会って出かけるにしても、きっと人見知りとかしてしまうかもしれないと思って徐々に馴らすことにした。

待ち合わせの場所に行くと間もなくしてパパが来てくれた。「パパがきたね。」と声をかけるとUちゃんはすでに半泣き状態、パパが目の前に来ると号泣しだした。

やっぱり知らないおじさんがきた!って感じだったんだろうと思う。パパは、ショックを受けつつも「これから少しずつ会う時間を増やそう。」と言って仕事に戻った。

Uちゃんは、号泣したものの落ち着くと「Uちゃんのパパいたね。良かったね。」と言ってくれたので安心した。次、会えるの楽しみだね。

日本銀行が長めの金利上昇を容認

日本銀行が長めの金利上昇を容認するとの観測が浮上する中、日銀は9月の政策決定会合で、長短金利操作を導入。
黒田東彦総裁は10月27日の参院財政金融委員会で、「超長期のところがもう少し金利が上がってもおかしくない。超長期債の投資家の状況も当然ながら十分考慮している」と述べた。

しかし、超長期債の中で発行量が最も多く、生保の運用の中心的な存在である20年債は0.4%程度で推移し、決定会合前の水準に達していない。
</p>

外国為替証拠金取引が初めての方が市場の肝心なところを理解するには、最初に取引経験を重ねていく事が大事です。
前もって危険性を感づくようになるためには、何度かポカを重ねる事も重要です。
もちろん、マイナスになるといっても、再起できないほど大きな間違いをする事は許されません。
やり直せるぐらいのミスを幾度か実践する事が、結論として自身のレベルを上げてくれるはずです。
それを考えると、最初は小さな額で取引を行い、幾度か取り返しが付く損をすることが重要です。

ひとつの例として、100万円しか投資できない場合、考えなしに100万円を全て投じてトレードすると、ミスした時今後元に戻せない危険性があります。
それよりも、一例として資金の10%ずつ分割して売り買いし、それによってトレードを体験した方が着実にミスを補う術なども身についていくものです。
まず小さな額で投資することの良いところは、先に書いたように自分自身の取引経験を増やし、損を避ける技術を身に付けていく事にありますが、同時に、トレードの回数を積み重ねて危険性を減らす事ができるという価値もあります。
たとえば、取引で儲けられる可能性が二分の一だとします。
言い換えると、等しい確率で損する可能性もあります。
勝率50%ということは半々の割合で儲けられる事を言い表しています。
ところが、全部の資金を賭けて1回こっきりの売買をするということは、大勝利か、壊滅的な負けかのいずれかになってしまうのです。
そのままではたんなる丁半バクチと同じです。

結局のところ、全てをつぎ込んで1回だけしかエントリーしないと、それだけ損が生じる危険性が高まってしまうのです。

だからこそ、お金を1度にすべてつぎ込むのではなく何度かに分けて、機会を増やす事がリスク分散の要となります。
ただ何回かに分けたとしても全てのエントリーで利益を出す事は重要ではありません。
というか、勝利できないのが現実です。
取引で大事なのは勝ち負けの回数ではなく、どのくらい稼ぐかです。
勝率が2分の1でも、なんなら3割以下でも稼ぐ事は出来ます。
それ以上負けても損失がわずかならば、1度や2度の勝ちで十分に儲けられます。
そのためには、損を少なくして、儲けを大きく、を忘れない事です。
損したら即損失を確定して、反対に儲けられる場面では出来るだけ大きく儲けることがビギナーが為替で収支をプラスにするための方法です。