Uちゃんにパパはいるの?

保育園に入って、Uちゃんのお話が急に上手になってきた。

日々、色々な事を言えるようになったり、理解できるようになってきてとても嬉しいと喜んでいたら、とうとうあの一言を私に言ってきた。「Uちゃんのパパは、どこにいるの?○○ちゃん(保育園のお友達)は、パパがお迎えにきたんだよ。Uちゃんもパパにお迎えに来てほしいの。」と。

生まれて1年と少し、何度かパパには会っているけどその時はまだパパとか分らない月齢、今もパパと言うものを分かっておらず、会った記憶もほとんどなく、会ってもどこかのおじさんと思って大泣きする状態。

こんな状態でパパに会って、「パパだよ。」と教えても大丈夫なのかな、おじいちゃん達の前でパパの話をするようになったら気まずいな~、Uちゃんをパパに会わせて「パパだよ。」と言うべきか迷った。

今は未婚で子育てをしているけど、今後は結婚してパパも一緒に暮らすつもりだから今の内に教えておいた方がいいのかも?とも思った。

だけど相変わらず優柔不断で一人で悩む。もしかしたら保育園の先生に相談したら少しは何かいい案がでるかも?と思い、保育園の帰りに担任の先生に軽く相談をしてみた。

先生は、神経質になるのが一番良くないことだから、流れに任せてみては?との回答。一番難しい回答な気がした。

Uちゃんにパパに会いたいか思いきって聞いてみると、「Uちゃんにもパパいるの?会いたいな~。やった!」と嬉しそうに答えてくれた。栃木県離婚相談

きっと今まで、自分にはパパはいないものと小さいながら感じていたのかと思うととても申し訳なく思った。

パパにその一連の出来事を話し、仕事の合間に時間を作ってもらって会う事にした。いきなり会って出かけるにしても、きっと人見知りとかしてしまうかもしれないと思って徐々に馴らすことにした。

待ち合わせの場所に行くと間もなくしてパパが来てくれた。「パパがきたね。」と声をかけるとUちゃんはすでに半泣き状態、パパが目の前に来ると号泣しだした。

やっぱり知らないおじさんがきた!って感じだったんだろうと思う。パパは、ショックを受けつつも「これから少しずつ会う時間を増やそう。」と言って仕事に戻った。

Uちゃんは、号泣したものの落ち着くと「Uちゃんのパパいたね。良かったね。」と言ってくれたので安心した。次、会えるの楽しみだね。

日本銀行が長めの金利上昇を容認

日本銀行が長めの金利上昇を容認するとの観測が浮上する中、日銀は9月の政策決定会合で、長短金利操作を導入。
黒田東彦総裁は10月27日の参院財政金融委員会で、「超長期のところがもう少し金利が上がってもおかしくない。超長期債の投資家の状況も当然ながら十分考慮している」と述べた。

しかし、超長期債の中で発行量が最も多く、生保の運用の中心的な存在である20年債は0.4%程度で推移し、決定会合前の水準に達していない。
</p>

外国為替証拠金取引が初めての方が市場の肝心なところを理解するには、最初に取引経験を重ねていく事が大事です。
前もって危険性を感づくようになるためには、何度かポカを重ねる事も重要です。
もちろん、マイナスになるといっても、再起できないほど大きな間違いをする事は許されません。
やり直せるぐらいのミスを幾度か実践する事が、結論として自身のレベルを上げてくれるはずです。
それを考えると、最初は小さな額で取引を行い、幾度か取り返しが付く損をすることが重要です。

ひとつの例として、100万円しか投資できない場合、考えなしに100万円を全て投じてトレードすると、ミスした時今後元に戻せない危険性があります。
それよりも、一例として資金の10%ずつ分割して売り買いし、それによってトレードを体験した方が着実にミスを補う術なども身についていくものです。
まず小さな額で投資することの良いところは、先に書いたように自分自身の取引経験を増やし、損を避ける技術を身に付けていく事にありますが、同時に、トレードの回数を積み重ねて危険性を減らす事ができるという価値もあります。
たとえば、取引で儲けられる可能性が二分の一だとします。
言い換えると、等しい確率で損する可能性もあります。
勝率50%ということは半々の割合で儲けられる事を言い表しています。
ところが、全部の資金を賭けて1回こっきりの売買をするということは、大勝利か、壊滅的な負けかのいずれかになってしまうのです。
そのままではたんなる丁半バクチと同じです。

結局のところ、全てをつぎ込んで1回だけしかエントリーしないと、それだけ損が生じる危険性が高まってしまうのです。

だからこそ、お金を1度にすべてつぎ込むのではなく何度かに分けて、機会を増やす事がリスク分散の要となります。
ただ何回かに分けたとしても全てのエントリーで利益を出す事は重要ではありません。
というか、勝利できないのが現実です。
取引で大事なのは勝ち負けの回数ではなく、どのくらい稼ぐかです。
勝率が2分の1でも、なんなら3割以下でも稼ぐ事は出来ます。
それ以上負けても損失がわずかならば、1度や2度の勝ちで十分に儲けられます。
そのためには、損を少なくして、儲けを大きく、を忘れない事です。
損したら即損失を確定して、反対に儲けられる場面では出来るだけ大きく儲けることがビギナーが為替で収支をプラスにするための方法です。